仮設診察室・当直室を
医療施設向けに無償提供
~新型コロナに立ち向かう医療関係者を支援~

高品質のムービングハウス(移動式木造住宅)を製造販売する株式会社吉銘(本社:奈良県吉野郡、代表取締役:貝本隆三、以下「吉銘」)は、新型コロナウイルスの感染拡大により、PCR検査の需要等が今後も増大することが予想されることから、検査体制を強化する医療施設向けに仮設診察室・当直室として利用できるムービングハウスを無償で一定期間提供することをお知らせします。

ムービングハウス_イメージ画像1
ムービングハウス_イメージ画像2
ムービングハウス_イメージ画像3
ムービングハウス_イメージ画像4
ムービングハウス_イメージ画像5
ムービングハウス_イメージ画像6

《 背景 》

創業70年の建築資材のトータルサプライヤーである吉銘は、緊急災害時の素早い住宅供給を可能にする日本最大級の木造ムービングハウスを製造販売しております。

大規模災害の発生件数が世界的な規模で多発している現在、緊急災害時における応急仮設住宅の建設は急務となります。そこで誕生したのがムービングハウスです。必要な時に即時納入できるのが最大の特長です。また必要な期間だけ使用するレンタル方式なので、建設のための初期投資を最小限に抑えることができます。

この度の新型コロナウイルスの感染拡大により、PCR検査等が急増しています。これに対応するため、病院敷地内の駐車場にテントを設置して仮設診察室として利用している病院が少なくありません。そのような場所の多くは、日光をさえぎる遮蔽物等がなく、これからの季節は特に劣悪な環境になることが予想されます。

このような状況を打開すべく、当社のムービングハウスを医療施設向けに無償で一定期間提供することといたしました。高い断熱性能をもち、エアコンも設置できるため、よりよい環境で医療行為を行うことができます。

《 ムービングハウスの特長・仕様 》

■特長
・木のぬくもり溢れる安らぎの空間
・高い住宅品質で、換気性能・断熱性・防音性に優れている
・コンテナ規格の仕様で、一般的なトレーラーでいつでも移動することができる

■仕様(一例)
・ 12m × 2.4m
・ 設置してすぐ利用可能
・ 増築も用意

以下は住宅仕様のイメージです。
医療機関様にお貸出しする際は仕切り、家具等のない状態でご提供いたしますので、ご自由に必要な機材・設備等を搬入してください。

SMART MODULO 間取り

《 無償提供の詳細 》

■無償提供の期間
3ヶ月間無償で提供いたします。
長期での利用を希望される医療関係者はご相談ください。

■その他
輸送にかかる費用は別途ご負担をお願いいたします。

《 会社概要 》

名称:
株式会社吉銘(カブシキガイシャヨシメイ)
所在地:
奈良県吉野郡下市町大字新住1118
代表取締役社長兼CEO:
貝本隆三
コーポレートサイト:​
http://www.yoshimei.co.jp/
本件に関するお問い合わせ:
MAIL smamo@yoshimei.co.jp / TEL 090-9362-0175(担当:千歳)
ページトップに戻る